メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太平洋クロマグロ

増枠、合意見送り 国際委閉幕 日本提案15%「時期尚早」

小委員会の結果について説明する水産庁の太田慎吾・資源管理部審議官(左)と宮原正典・農林水産省顧問=2018年9月7日午後5時5分、久野洋撮影

 日本近海を含む北太平洋海域のクロマグロの資源管理を話し合う「中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)」の北小委員会は7日、日本が提案した漁獲枠の拡大への合意を見送り、閉幕した。一部の国が「増枠は時期尚早だ」として日本案に反対。増枠の合意は来年以降に持ち越されることとなった。

 WCPFCは昨年、「親魚の資源量を2024年までに4万3000トンへ回復」との目標達成確率が60%を下回れば枠を減らすが、75%を上回れば拡大を検討できるルールを導入。今年3月に国際機関が行った評価で確率が98%だったことから、日本は(1)各国の枠を15%拡大(2)枠が余れば5%を上限に翌年へ繰り越す--ことを提案した。

 これに対し、米国やクック諸島、欧州連合(EU)、メキシコなどが「資源量はいまだに低水準。増枠を検討…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです