メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/38 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「ま、また、その、不始末?」

 これで三度目。

 当時の光景を再び目の当たりにしているかのように、八太郎の黒目が大きくなった。

「みんなが起きて駆けつけてきて、明かりが点(つ)いて、おいらが目にしたのはね」

 素っ裸の長姉ちゃんが、豆源父ちゃんにしがみついているところだった。

「父ちゃんは寝間着の帯が解けかけて、前が開いちまっていた。目を剥(む)いて、泡を吹きそうなほど慌ててたよ。やめろ、やめろって、長姉ちゃんを振りほどこうと必死にもがいてるんだけど」

 一糸まとわぬ姿の長姉ちゃんは、濡(ぬ)れ手ぬぐいみたいに豆源父ちゃんにからみついて離れようとしない…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです