メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

「けもの道」の先の風景 美術家・山内光枝(36)

=福岡市博多区で

山内光枝(てるえ)

 「海が与える緊張感って、本当に恐ろしいですけど、それは人間社会の中で感じる抑圧とはまた別で、今の時代を生きる自分たちには、逆に“解放”のような刺激だなって思うんです」。太刀打ちできない自然の中で得た世界を、映像やインスタレーションなどで発表してきた。

 異色の経歴の持ち主だ。ロンドンの大学を経て、最終学歴は「済州ハンスプル海女学校卒」。韓国・済州島で現役の海女から潜水を教わった。きっかけは、10年ほど前に出合った一枚の古い写真。生命力に満ちた裸の肉体をさらす海女。その「残り香」に誘われ、同・釜山や海女発祥の地と言われる地元福岡の鐘崎、フィリピンに向かった。

 見る・聞くだけではあきたらず、自らの肉体を使って海と人間の長い歴史を知ろうとする、その過程を「けも…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです