メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

触覚への希求=外舘和子

 昨今、「超絶技巧」と「縄文」という一見対極の世界が人気を呼んでいる。いずれも美術館、博物館の展覧会で大いにクローズアップされた。特に東京国立博物館の縄文展では、戦後岡本太郎が受けたレベルと同じ、あるいはそれ以上の感動を多くの人が覚えたことであろう。複製の土器に触れ、凹凸を確認できるサービスもあった。

 赤い壁で囲まれた展示室の国宝の土偶たちにも改めて魅せられたが、しばしば展示室中央に取り出された巨大…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1152文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです