メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 大坂、歴史刻む 日本女子、4大大会初の決勝 憧れセリーナと

女子シングルス準決勝でキーズと対戦し、第1セットを奪ってガッツポーズする大坂なおみ=共同

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会の今季最終戦、全米オープン第11日は6日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス準決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(日清食品)が前回準優勝で第14シードのマディソン・キーズ(米国)を6-2、6-4のストレートで破り、4大大会女子シングルスで日本選手初の決勝に進んだ。

 20歳での決勝進出は全米の同種目では2009年のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)の19歳…

この記事は有料記事です。

残り1914文字(全文2139文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです