メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 女子決勝進出 「幼さ」と決別、大坂が壁破る バイン・コーチ師事、才能開花

 【ニューヨーク浅妻博之】精神面で大人に成長した20歳の新鋭が、日本女子テニスの歴史を塗り替えた。6日に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス準決勝で前回準優勝のマディソン・キーズ(23)=米国=を破った大坂なおみ(20)=日清食品。4大大会シングルスで日本女子初の決勝進出という快挙の陰には、今季から指導するドイツ人のサーシャ・バイン・コーチ(33)の存在があった。

 「恥ずかしがり屋で愛らしい」。バイン氏が大坂に会った時の第一印象だ。「完璧主義者」と自己分析する大…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです