メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

通電火災に注意呼び掛け 停電復旧時

 北海道での地震に伴う停電は、広範囲で長引く見通しだ。注意が必要なのは、復旧時に起きる通電火災。総務省消防庁や防災の専門家は「必ずブレーカーを落として」と呼び掛けている。

     通電火災は、地震の揺れでオーブントースターなど電気製品の発熱部分に可燃物が接触した状態になり、電気が復旧、通電を再開した際に発生する。

     総務省消防庁はツイッターで「自宅を離れるときは、ブレーカーを落としてください」と注意喚起。各地で防災講習会を開いている公益財団法人市民防災研究所の坂口隆夫理事は「地震で機器の配線が激しく引っ張られたりつぶされたりして傷ついていると、通電時に火花が飛び散って火事になることもある」と注意点を挙げる。

     照明代わりにろうそくを使う際も、周辺に可燃物を置かないようにして、余震に備え、その場を離れたり就寝したりする際は必ず火を消すことが必要だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
    2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
    4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
    5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです