メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ紡織

「からくり」で作業効率化 伝統技術を活用

部品のたまった箱がリフター(昇降機)で下がり、傾斜を下って左側の台車に流れる=愛知県豊田市で、小倉祥徳撮影

 シートなど自動車の内装品を手がけるトヨタ紡織が、モーターなどの動力源がなく、重力だけを使う「からくり」技術の活用を進めている。製品を台車に積む際の負担軽減やコスト削減などが狙い。

 企業の生産現場では近年、人工知能や、あらゆるものがインターネットでつながるIoTなど最先端技術が広がるが、知恵をこらした伝統技術も作業効率化に一役買っている。

 シート部品を台車に詰め込む作業は、部品の入った箱が最大11キロと重く、作業者の腰など体への負担が課…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです