メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリー

天然水4カ所目水源に長野県大町市

「サントリー天然水」の新たな生産工場の長野県大町市建設が発表された記者会見=同市で2018年9月7日、安元久美子撮影

 サントリー食品インターナショナル(東京都中央区)は7日、ミネラルウオーター「サントリー天然水」の生産工場を長野県大町市常盤に建設すると発表し、同市のホテルで記者会見を開いた。同社ではこれまで「南アルプス」「阿蘇」「奥大山」の天然水を販売しており、北アルプスのそびえる大町市は4カ所目の水源となる。2019年春に着工し、21年春には販売を開始する予定。

     事業費は百数十億円で、敷地面積は約41ヘクタール。年間生産量は550ミリリットルのペットボトルで2億4000万本分を予定する。生産工場のほかに県産の食材を味わえる食堂や研修にも利用できる多目的施設を開設し、敷地内を流れる乳川を使った自然探索イベントも企画する。

     サントリー食品インターナショナルによると、5年前から新たな工場を建設する水源の候補地選びを始め、60カ所以上の中から水質の良さやインフラが整っていることなどから大町市を選んだ。小郷三朗社長は大町市の水を「すっきりとした飲みごこちで万人に愛される水」と表現した。

     大町市の上水道はすべて湧き水を利用しており、同市は豊かな水を使ったブランド戦略を推進してきた。会見に出席した牛越徹市長は「大町は水の恩恵を享受してきた長い歴史がある。観光振興においても新たな誘客交流の拠点として大きな役割を担う」と歓迎した。【安元久美子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
    2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
    4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
    5. 風疹 流行続く 患者127人増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです