メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノコギリエイ

飼育31年 塩分控えめで国内最長老

全長2.6メートルの国内最長老のノコギリエイ=伊勢シーパラダイス提供

 長期人工飼育が困難とされていたノコギリエイの飼育が、三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で18日に丸31年を迎える。誕生間もなく同館にやってきたメスで推定年齢31歳は、国内飼育の同種で最長老。同館では敬老の日の17日を挟む15~18日、ノコギリエイの長寿と飼育記録の更新を祝う催しを開く。【尾崎稔裕】

 同館のノコギリエイはオーストラリアで捕獲され、1987年9月から飼育されている。全長約2.6メートルで、3日に1回、アジ約1キロを平らげる。

 飼育開始当時、同種の生態には不明な点が多く、長期の人工飼育は困難とされていた。同館では海水の塩分濃度に着目し、濃度を低くするなど工夫を重ねた。各国の研究者によって、ノコギリエイは、海水と淡水の混じる河口付近で多く生息していることも明らかになった。

 スタッフは「ノコギリエイにとって塩分低めの環境が最も生育に適していることが実態調査で裏付けられました。健康で長生きするには塩分控えめが大切。ヒトと同じですね」と笑う。

15~18日のイベント参加者にプレゼントされるノコギリエイの缶バッジ=伊勢シーパラダイス提供

 イベントは期間中午後0時45分から、ノコギリエイの水槽前で。同館が独自で探った長寿の秘密を紙芝居で紹介するほか、選ばれた来館者はノコギリエイに餌を与える体験ができる。イベント参加者全員に記念の缶バッジがプレゼントされる。

 ノコギリエイは、インド洋から太平洋の熱帯・亜熱帯域に分布する。頭部からノコギリ状の部分が長く突き出ているのが特徴で、このノコギリ状の部分で、泳いでいる魚をたたいて衝撃を与えてから捕食したり、砂を掘ってカニなどを探したりする。

 伊勢シーパラダイスによると、自然界での寿命は25~30年で、最大7メートルに成長する例もあるという。国内の水族館や動物園151施設が加盟する日本水族館動物園協会(東京)には、伊勢シーパラダイスの1匹を含め3匹の飼育が登録されている。未登録を含めると国内の飼育総数は10匹前後とみられる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです