メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベニズワイガニ

シーズン到来 鳥取・境港で初水揚げ  

初水揚げされ競りに掛けられるベニズワイガニ=境港市の境港で2018年9月7日、横井信洋撮影

 日本海産のベニズワイガニが7日、今季初めて境港市の境港に水揚げされ、仲買人たちが次々と競り落としていった。

     初水揚げは「第88明神丸」(鳥取県)の約14.5トンで、大半が加工用。市水産課によると、競り値の平均は昨季並みの1ケース(30キロ)当たり1万1390円だった。姿売り用は4万9000~1万3000円、加工用は1万600~1万200円。境港の水揚げ量は全国の5割を超えており、今季の水揚げは昨季の6445トンより減る見込みという。漁期は来年6月末まで。

     初競り式で、境港カニ水揚げ日本一PR実行委の越河彰統(あきのり)会長(56)は「需要は高まっており、豊漁と無事故を願っている」とあいさつした。【横井信洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです