メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷、すぐ手術せず 医師の勧告後初めて対応

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)は7日、シカゴでホワイトソックス戦を前に右肘靱帯(じんたい)に新たな損傷が見つかってから初めて取材に応じ「いくつかある選択肢の中で今すぐに(手術)ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と心境を語った。

 5日に遠征先のアーリントンで磁気共鳴画像化装置(MRI)検査を受け…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです