メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

安倍首相と石破氏の一騎打ちに 20日投開票

自民党総裁選についての記者からの問いかけに答えず、首相官邸に入る安倍晋三首相=2018年9月7日午前8時46分、川田雅浩撮影
自民党総裁選が告示され、届け出後に記者団の質問に答える石破茂元幹事長=衆院第2議員会館で2018年9月7日午前10時35分、川田雅浩撮影

 自民党総裁選は7日告示され、連続3選を目指す安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの選挙戦に入った。首相の5年8カ月にわたる政権運営の評価が問われ、憲法改正や経済政策などが争点となる。北海道地震による3日間(7~9日)の活動自粛方針を受け、告示日に候補者が論戦をしない異例の総裁選となった。

     首相は7日朝、首相官邸に入る際、総裁選に関するコメントを求める記者団に「おはようございます」と語りかけるにとどめた。北海道地震の関係閣僚会議では「人命救助に全力を尽くす。先手先手で対応してほしい」と指示し、災害対応に専念する姿勢を示した。

     一方、石破氏は国会内で記者団に「自民党がいかにあるべきか、この国をどうしていくのか、その道筋を安倍総裁と議論したい」と語った。「政治、行政に対する信頼を早急に回復しなければならない」と指摘し、内閣人事局の運営を見直す考えを示した。

     総裁選は国会議員票と党員票(ともに405票)で争われる。党員は19日までに郵便などで投票。20日に党本部で国会議員が投票し、党員票とともに開票され、新総裁が選出される。【竹内望】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです