メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

重点争点は「景気・経済対策」

都道府県連、最多の19都県が回答

 毎日新聞は7日の自民党総裁選告示を前に、最も重視する争点を党都道府県連幹部らに尋ねた。「景気・経済対策」との回答が宮城、東京、長野、岡山など最多の19都県に上った。このうち13都県では安倍晋三首相(63)が優勢。党内で政権の経済政策「アベノミクス」への評価が高いことがうかがえた。

 8月30日から今月5日にかけて、幹部らに六つの選択肢を示して聞き取った。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです