メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

閣僚、対応さまざま 支持あいまい 不表明も

 閣僚では、無派閥の梶山弘志行政改革担当相と麻生派の鈴木俊一五輪担当相が7日の記者会見で、自民党総裁選で安倍晋三首相(63)=党総裁=を支持する考えを表明した。

     一方で、石破茂元幹事長(61)を支える石破派の斎藤健農相は総裁選への対応を問われると「石破派であり安倍内閣の一員だ」とはぐらかした。

     岸田派の上川陽子法相はどちらを支持するかを問われ「法務大臣という立場でコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。

     総裁選出馬を断念し首相支持を表明した野田聖子総務相は、総裁選に何を期待するか問われ「質問されるまで総裁選が念頭になかった。台風に続いて北海道の地震があり、そこに集中していた」と無関心を装った。【野間口陽、小川祐希】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです