メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀行第三者委報告

営業暴走 岡野一族の威光カサに

記者会見する中村直人委員長(右から2人目)ら第三者委員会のメンバー=静岡県沼津市で2018年9月7日午後3時43分、宮武祐希撮影

 スルガ銀行によるシェアハウス向けの不正融資を調査していた第三者委員会が明らかにしたのは、現場の実態を把握せず、営業部門の暴走を許していた経営陣の怠慢だった。岡野一族という「創業家の威光」が不正行為の正当化につながったとも認定した。

 「経営層が業務を執行役員にすべて任せ、現場の情報は上層部に伝達されないような仕組みにして、強力に営業を推進していた」。第三者委は、スルガ銀の構図をこう分析した。

 本来は連携して現場を監督するはずの業務担当取締役、経営会議、取締役会、社外役員の間で情報は断絶して…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです