メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中露

11日に習・プーチン首脳会談 6月以降で3回目

米をけん制、政経と軍事で関係強化

 【モスクワ大前仁、北京・浦松丈二】中国外務省は7日、習近平国家主席が11日からロシア極東ウラジオストクを訪れ、プーチン露大統領と会談すると発表した。中露両軍は同時期に東シベリアで大規模な軍事演習も実施する。共に対米関係を悪化させている中露が、政治・経済と軍事両面で関係強化を図る格好だ。

     ウラジオストクでは11~13日、アジア太平洋地域の経済発展に焦点を当てた「東方経済フォーラム」が開かれ、習氏が初めて参加する。プーチン氏とは11日に会談し、朝鮮半島情勢や経済面の関係拡大を話し合う。中露首脳の会談は今年6月以降で3回目となり、関係強化がハイペースで進んでいる。

     フォーラムに先立ち、プーチン氏は10日、安倍晋三首相との会談にも臨む。ロシア外務省は5日の声明で「歴史から適切な教訓を得ない日本の姿勢は、平和条約問題の解決に向けて大きな支障だ」と批判するなど、日本には容易に譲歩しない方針。中露の蜜月ぶりとの落差がにじみ出そうだ。

     ロシア軍は11~17日、29万7000人が参加し、ソ連時代の1981年以来の大規模となる演習「ボストーク(東方)2018」を実施する。このうち中国とモンゴルの両軍が参加する演習は11~15日、東シベリアのチタ地方で行う。中国は兵力3200人、900種類の兵器、軍機30機を動員させる予定。中国はこれまでもロシアとの合同軍事演習を行ってきたが、4年に1度開かれる「ボストーク」に参加するのは初となる。

     演習でロシア軍は、北方領土でも作戦を展開するとの観測が浮上している。ロシア軍のゲラシニモフ参謀総長は6日の記者会見で、北方領土での演習について「(一連の)演習は大規模となるが、現地の広さは限られている。私の知る限りでは予定していない」と述べた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
    2. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです