メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白神山地

ブナ巨木「マザーツリー」折れる 台風21号で

折れたブナの巨木「マザーツリー」=青森県西目屋村で2018年9月7日、藤田晴雄撮影

 世界自然遺産・白神山地(青森、秋田両県)のシンボルで、樹齢400年以上のブナの巨木「マザーツリー」(青森県西目屋村)が、幹の途中で折れていたことが分かった。日本海側を北上した台風21号の強風で折れたとみられる。東北森林管理局津軽森林管理署は7日、被害状況を調査し、周辺を立ち入り禁止にした。

 マザーツリーは高さ約30メートル、幹回り4.65メートルの老木。今年で世界遺産登録25周年の白神山地を望む津軽峠付近にある。道路のすぐ近くで気軽に見ることができるため、多くの観光客に親しまれてきた。

 昨年6月、青森県樹木医会専務理事兼事務局長の斎藤嘉次雄さんが診断したところ、枝が腐るなど弱っている…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです