メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家裁土浦支部

スマホ自転車で死亡事故、大学生を保護観察

 茨城県つくば市で6月、スマートフォンを見ながらマウンテンバイクを運転し、歩行者の男性(当時62歳)をはねて死亡させたとして重過失致死の非行内容で送致された男子大学生(19)について、水戸家裁土浦支部(高木航裁判官)は保護観察処分とした。決定は6日付。

 決定によると、大学生は6月25日午後8時45分ごろ、同市内の歩道を自転車に乗って時速約17キロで走行中、スマホで時間を確認しようと脇見し、対向してきた男性をはね、脳幹出血の傷害で死亡させた。【韮澤琴音】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです