メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫・ダム遺体

2容疑者を死体遺棄罪で起訴

 兵庫県加古川市の権現ダムで、大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体が衣装ケースに入った状態で見つかった事件で、神戸地検は7日、大阪市西区、スカウト業、森翔馬(20)と同市生野区、無職、稲岡和彦(42)の両容疑者を死体遺棄罪で起訴した。県警は小西さんの死亡にも関与した可能性が高いとみて、殺人容疑での立件に向け捜査を続ける。

     起訴状などによると、両被告は共謀し、先月9日、森被告の自宅で小西さんの遺体を衣装ケースに入れ、段ボール箱や布団カバーで覆った。その後、加古川市の権現ダムまで車で運び、衣装ケースに土のうを結びつけて段ボール箱ごとダム湖に遺棄したとしている。地検は認否を明らかにしていない。

     捜査関係者によると、小西さんは同9日朝、森被告と2人で森被告の自宅に入る姿が防犯カメラに映っていたのを最後に、足取りが途絶えた。小西さんの遺体は同11日午前8時35分ごろ、ダム湖に浮いているのを釣り人に発見された。司法解剖の結果、死因は特定できなかったが、顔から胸にかけて変色の跡があった。【黒川優】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
    5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです