メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「きらきら眼鏡」 船橋で先行上映、舞台あいさつ

船橋を舞台にした映画「きらきら眼鏡」の先行上映で舞台あいさつする出演者ら=千葉県船橋市で2018年9月7日、小林多美子撮影

 千葉県船橋市を舞台にした映画「きらきら眼鏡」が7日、全国に先駆けて同市の「TOHOシネマズららぽーと船橋」で上映が始まり、出演した池脇千鶴さんや金井浩人さんらが舞台あいさつした。

     恋人を亡くした男性が一冊の古本を通じて出会った女性によって成長していく物語。市民がボランティアとして協力し、特産の小松菜を使った「小松菜ハイボール」など地元の名物や飲食店が出てくる。

     きらきら眼鏡は見たものが輝いて見える架空の眼鏡。「レンズが曇ったら」との質問に、金井さんは「他人への感謝の気持ちがあれば曇りが取れる」。15日からの全国上映の観客動員数でも輝けるか。【小林多美子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです