メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

1人暮らしの男性2人死亡 CO中毒か

地域によって停電が続く札幌市内=札幌市中央区の旭山記念公園で2018年9月6日午後7時50分、貝塚太一撮影

 地震による停電が広範囲で続く北海道で7日、自宅内で発電機を動かしていた1人暮らしの男性2人が相次いで倒れているのが見つかり、死亡が確認された。一酸化炭素(CO)中毒とみられる。

 道警などによると午前8時過ぎ、標津町の民家で会社員の40代男性が倒れているのを同僚が発見。ほぼ同じころ、上富良野町の住宅でも自営業の70代男性がぐったりしているのが見つかった。

 燃料はいずれもガソリンで、道警は発電機の排ガスにCOが含まれていたとみている。発見された時は燃料を使い切っていた。道内には停電で発電機を使っている家庭が多いとみられ、道警は換気に注意を呼びかけている。【本間浩昭】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです