メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力行為容疑

年休扱いにされ立腹 神戸検疫所職員を逮捕

「台風21号で出勤できないこと」めぐり勤務認定職員脅す

 兵庫県警兵庫署は7日、職場で同僚の男性にナイフを示して脅したとして、厚生労働省神戸検疫所の技官、的埜(まとの)竜三容疑者(51)=大阪市北区鶴野町4=を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕したと発表した。「台風21号で出勤できなかったのに(年休の枠外で取得できる)特別休暇が適用されず、もめごとになった」と供述しているという。

 逮捕容疑は、的埜容疑者が7日午前8時ごろ、職場で勤務認定を担当する男性職員(41)に、持っていた折りたたみナイフを示して脅した、とされる。同署によると、的埜容疑者は4日に神戸市付近に上陸した台風21号のため仕事を休んだ。特別休暇が適用されると思っていたところ、実際には年休扱いとされたため、立腹したという。【井上元宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. ベルサーチ 米国の会社に売却か イタリア主要紙が報道
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. バスケットボール 女子W杯 日本は1勝1敗 オコエ、代表上々デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです