メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名あおり事故

監禁致死傷罪を予備的訴因で追加

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転で停車させられた夫婦がトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪で起訴された石橋和歩被告(26)について、横浜地検が監禁致死傷罪を予備的訴因として追加した。関係者への取材で判明した。裁判員裁判で危険運転致死傷罪が認められない場合に備えた措置とみられる。

     事故は昨年6月5日夜に発生。石橋被告は乗用車で、静岡市清水区の自営業、萩山嘉久さん(当時45歳)一家の車を追跡し、進路を塞いで停車させ、車内にいた萩山さんに暴行を加えたとされる。

     トラックの追突は停車の約3分後に起きたことから、横浜地検は石橋被告の一連の行為が危険運転致死傷罪に当たるとみていた。

     しかし、同罪は運転中の事故を前提としており、停車後に起きた事故に対する適用は異例とされる。このため横浜地検は、進路を塞いで停車させ、萩山さん一家をその場にとどまらせたことが事故につながったとして、監禁致死傷罪を追加したとみられる。

     現在は公判前整理手続きが行われており、裁判は年内にも開かれる見通し。【木下翔太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
    2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです