メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

宮原や今季シニアデビューの紀平、練習を公開

 平昌冬季五輪フィギュアスケート女子4位の宮原知子(関大)、今季シニアデビューする16歳の紀平梨花(関大KFSC)らが7日、大阪・関大たかつきアイスアリーナで練習を公開した。ジャンプなどを入念に確認した宮原は「五輪が終わってリセットのシーズン。新しいことに挑戦したい」と意気込みを示した。

     今季はショートプログラム(SP)で世界的歌手のパトリシア・カースの「小雀に捧げる歌」を使用。「今までにない、自分がスターになった気持ちで滑るプログラム」と説明して「キラキラした感じを出したい」と新境地開拓に目を輝かせた。

     紀平は武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)について「確率よく跳べることができている」と手応えを強調。4回転は今季は回避する方針だが、練習では跳んでおり、「どんどん習得して(2022年の)北京(冬季五輪)には合わせていけたらいい」と見据えていた。【新井隆一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
    3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです