メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

11対11の紅白戦 チリ戦中止で

紅白戦でスルーパスを狙う南野(左)=札幌市内で2018年9月7日、大島祥平撮影

 札幌ドームで7日に予定していた国際親善試合のチリ戦が地震の影響により中止となったサッカー日本代表は7日午後、札幌市内で代替施設を借りて練習を行った。

     ウオーミングアップ後、フルコートを使って11対11で紅白戦を実施。両チームとも4バックの布陣でコンビネーションを確かめながらプレーした。紅白戦は35分間を2本の予定だったが、照明設備のないグラウンドで日没が近くなり暗くなったこともあり、2本目は20分ほどで終了した。

     DF槙野(浦和)は「4バックも3バックも相手に応じてやりたいと監督から言われている。結果よりも自分たちが置かれている状況でプレーできたことが素晴らしかった」と語った。FW小林(川崎)も「グラウンドを提供していただいて練習をやれるだけでも自分たちにはすごくプラス。感謝している」と話した。選手たちは練習後、槙野の呼びかけで、見学に来ていたファンと一緒に写真撮影し、感謝の気持ちを表した。

     日本代表は11日に大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。当初の予定通り8日の午後便で大阪入りする見込み。【大島祥平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
    5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです