メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中日

笠原プロ初完封 鯉料理「本当にもう…疲れました」(スポニチ)

セ・リーグ 中日3-0広島(2018年9月7日 ナゴヤD)

 最後の打者・松山を左飛に仕留めると右拳を力強く握った。優勝に突き進む広島打線を散発3安打に封じプロ2年目での初完封。自己最多133球の力投で4勝目を飾った中日・笠原はお立ち台で思わず本音を漏らした。

     「本当にもう…疲れました。完封は初めてなので自信になります」

     初回、2四球で1死一、二塁を背負った。「いつも初回にピンチを招いて失点する。失点だけはしないように」と心を落ち着かせ鈴木、松山をともに左飛に打ち取ると、2回以降は「直球が行ってる方じゃない」と真っすぐを内角への見せ球に使いチェンジアップ、カットボールで打者のタイミングを外した。

     前回8月31日の巨人戦からイニング間のキャッチボールで立つ位置を変えた。それまでは外野側で構える捕手に投げていたが、自ら20メートルほど歩いて外野側へ行った。最初は「遠投に近い強い球を投げよう」と距離を自分で調整しやすくするためだったが、その試合で7回2失点と好投。この日も踏襲し、完封勝利につなげた。

     今年1月に高校の同級生だった菜々美さんと結婚。アスリートフードマイスターの資格取得に向けて勉強中で「運動後はこの野菜が体に良いなど考えてくれる」と感謝。レンコン入りハンバーグがお気に入りという。オフには地元・新潟で挙式を控える左腕が、家庭でもチームでも大黒柱となってみせる。(徳原 麗奈)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです