メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

「戦争の悲劇伝えたい展」主催 田村寿男さん(77) /静岡

語り部高齢化に危機感

 終戦の日に合わせ、戦争体験者の話を聞き戦没者の遺品を展示する「戦争の悲劇伝えたい展」を、2007年から長泉町で毎年開いて12年になる。

 きっかけは同町駿河平地区に住んでいた元海軍軍人の男性の言葉。「戦争の経験を語れる場がほしい」。男性は特攻兵器・人間魚雷の部隊にも所属したが、出撃することなく終戦を迎えた。

 その後、駿河平地区には、戦地に出征した経験を持つ人が、この男性を含め4人いると分かり、話を聞く会を…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです