メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

中2・楠本さんが現状報告 苦境に息づく優しさ 難民キャンプの子供らと交流 近江八幡 /滋賀

スライドを使ってパレスチナの現地報告をする楠本凛さん=滋賀県近江八幡市で、蓮見新也撮影

 宮城県在住の中学2年、楠本凛さん(13)がパレスチナの現状を語る報告会が7日、近江八幡市内で開かれた。NPO法人「アースキャラバン」(京都市東山区)の中東ツアーに今夏参加した楠本さんは、現地の写真や難民キャンプでの体験などを紹介。市民ら約50人が、日本では触れる機会が多くはない中東の現実に耳を傾けた。【蓮見新也】

 楠本さんは昨年、母の友人による上映会で、アースキャラバンのドキュメンタリー映画「BE FREE! …

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです