メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆発物処理訓練

新山口駅で 県警、JR西、消防が合同で /山口

 山口市のJR新山口駅で8日、県警などによる爆発物処理の合同訓練があった。駅構内での爆発物処理訓練は県内初。県警機動隊の爆発物処理班と山口南署員、JR西日本社員、消防隊員約80人が参加し、利用客の避難誘導や負傷者の救護・搬送、不審物の処理などを訓練した。

 訓練は「新幹線ホームの待合室に不審物が入った紙袋がある」との駅員の110番で開始。駆け付けた山口南署員が不審物を検索するとともに、駅員は利用客役を避難誘導し、消防隊…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです