メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

田中健司さん(31)=小倉北 フィンスイミングで世界銀 /福岡

集中力と瞬発力で躍進 体感速度に魅力、練習場所確保に苦労

 フィンと呼ばれる足ひれをつけて泳ぎ、タイムを競う「フィンスイミング」。6月にあった世界大会「ワールドカップ マスターズ」に出場し50メートル個人で銀メダルに輝いた。

 6歳から水泳を始め大学まで従来の競泳の大会に出場してきた。「フィンスイミングのきっかけも競泳の強化のためだった」と明かす。足ひれをつけて泳ぐことで、足が水をとらえる感覚をつかもうとした。しかし昨年8月にフィンスイミングを始めると、すぐにその魅力にとりつかれた。足ひれにより力強いキックが可能になり「圧倒的な加速と体感速度にびっくりした」と話す。

 以来、競泳の練習と並行して月2回、フィンスイミングの練習を始めた。瞬発力に磨きをかけ、3月にあった…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文877文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです