メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

田中健司さん(31)=小倉北 フィンスイミングで世界銀 /福岡

集中力と瞬発力で躍進 体感速度に魅力、練習場所確保に苦労

 フィンと呼ばれる足ひれをつけて泳ぎ、タイムを競う「フィンスイミング」。6月にあった世界大会「ワールドカップ マスターズ」に出場し50メートル個人で銀メダルに輝いた。

 6歳から水泳を始め大学まで従来の競泳の大会に出場してきた。「フィンスイミングのきっかけも競泳の強化のためだった」と明かす。足ひれをつけて泳ぐことで、足が水をとらえる感覚をつかもうとした。しかし昨年8月にフィンスイミングを始めると、すぐにその魅力にとりつかれた。足ひれにより力強いキックが可能になり「圧倒的な加速と体感速度にびっくりした」と話す。

 以来、競泳の練習と並行して月2回、フィンスイミングの練習を始めた。瞬発力に磨きをかけ、3月にあった…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文877文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです