メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳性まひあるバイオリニスト(その1) 「孤独の戦士」の誓い

 ギターの短調のアルペジオに乗って、バイオリンが泣くように歌い出す。「これがあの時の……」。客席にいた私の脳裏に、9日前の岩手県陸前高田市の風景がよみがえった。

 8月17日、相模原市。東日本大震災のチャリティーコンサートでバイオリニストの式町水晶(しきまちみずき)さん(21)は、直前に完成したばかりの新曲を奏でた。

 4月に大手音楽会社からポップスCDを出してデビューした式町さんには、中等度の脳性まひの障害(上半身…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです