メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳性まひあるバイオリニスト(その1) 「孤独の戦士」の誓い

 ギターの短調のアルペジオに乗って、バイオリンが泣くように歌い出す。「これがあの時の……」。客席にいた私の脳裏に、9日前の岩手県陸前高田市の風景がよみがえった。

 8月17日、相模原市。東日本大震災のチャリティーコンサートでバイオリニストの式町水晶(しきまちみずき)さん(21)は、直前に完成したばかりの新曲を奏でた。

 4月に大手音楽会社からポップスCDを出してデビューした式町さんには、中等度の脳性まひの障害(上半身…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです