メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマ前米大統領

現政権批判 中間選挙テコ入れ始動

 【ワシントン高本耕太】オバマ前米大統領は7日、中西部イリノイ州の大学で演説した。トランプ大統領を「米国の歴史の暗い一面」と批判したうえで、11月の中間選挙に「我々の民主主義の行方がかかっている」と述べ、投票を呼びかけた。米国で大統領経験者が現職大統領を明確に否定するのは異例。オバマ氏はこの日を皮切りに各地で民主党候補の応援に入る予定で、同党の上下両院での過半数奪還に向けたテコ入れを本格始動した。

 トランプ氏は、地球温暖化対策のパリ協定や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱、イラン核…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです