メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ迫害捜査に道 国際刑事裁「管轄権あり」

 【バンコク西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害について、国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)の予審裁判部は6日、「管轄権を有する」との判断を示した。ミャンマーはICCローマ規定の非締約国だが、70万人を超えるロヒンギャが逃れた隣国バングラデシュは加盟国であることが決め手になった。ロヒンギャを追放したとして、ICC検察局が治安部隊を指揮した国軍幹部を捜査することに道が開かれた。ミャンマー大統領府は7日、「決定を断固拒否する」との声明を発表した。

 容疑は「人道に対する罪」の一つである「住民の追放」。非締約国で犯罪が実行された場合、ICCには通常…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文614文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  4. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです