メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 衣料品のお届けサービスって?=回答・今村茜

洋服のお届けサービスの仕組み

洋服選び、プロにお任せ 情報過多、消費者に「疲れ」

 なるほドリーマン君 洋服のお届けサービスがあるって聞いたよ。

 記者 利用者が好みそうな服を、人工知能(AI)や専門スタッフが選んで、定期的に自宅に届けるサービスのことですね。「買い取り型」と「レンタル型」の2通りがあります。衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは、新品の洋服や靴など毎回5~10点を届け、気に入ったものだけ買い取ってもらう「おまかせ定期便」を今年2月に始めました。レンタルでは、紳士服大手のAOKIが男性向けにスーツを選んで届ける「スーツボックス」を今年4月に、エアークローゼット(東京都港区)は女性向けに洋服を届けるサービスを2015年から始めました。エアー社は15万人を超える会員を抱えるなど人気が高まり、各社が続々と参入しています。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです