メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 世界ペア碁 韓国の崔・朴が最強位 中国の於・柯降す

ペア碁最強位をかけて対戦した崔精九段・朴廷桓九段ペア(左)と於之螢六段・柯潔九段ペア=東京都渋谷区で8月21日

 <世界ペア碁最強位戦2018より>

 「世界ペア碁最強位戦2018」(日本ペア碁協会など主催、毎日新聞社など後援)が8月20、21の両日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われ、崔精九段・朴廷桓九段ペア(韓国)が初の最強位に就いた。日本勢は藤沢里菜四段・一力遼八段ペアの3位が最高だった。

 ペア碁は男女がチームを組み、交互に着手して対戦する。対局中、相談はできない。個人の力量はもとより、互いの呼吸が合うかどうかも焦点となる。

 今回は日本、中国、韓国、台湾の8ペアがトーナメント戦で競い、その優勝ペアが、前年優勝で最強位を保持…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1215文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです