メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/39 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「素っ裸なのに、手で身体(からだ)を隠そうともしないんだ」

 次兄ちゃんが慌てて羽交い締めにする。すると今度は次兄ちゃんにからみつく。腕をからませ、両足でその胴を挟み込む。

 次兄ちゃんが抗(あらが)い、長姉ちゃんを押し戻そうとするうちに、その緩んだ薄笑いの顔がこっちを向いて、見えた。

「長姉ちゃんの左目の下に、小豆っ粒くらいの大きさの泣きぼくろができてたんだ」

 ほくろは、行灯(あんどん)の明かりに濡(ぬ)れ濡れと光る。 よだれに濡れたくちびるも光る。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです