メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
今週の本棚

中村桂子・評 『マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦』=ベン・メズリック著、上野元美・訳

 (文藝春秋・2160円)

私たちは今、何を望むのか

 ヒトゲノム解析計画の発案者の一人ハーバード大学のジョージ・チャーチ教授が受話器を置き、考え込むところから物語は動き出す。電話は「ニューヨーク・タイムズ」紙の有名科学記者、ニコラス・ウェイドからで、ケナガマンモスの体毛のDNA配列解読を知って、「ゲノム工学を使えば、ケナガマンモスをよみがえらせることは可能でしょうか?」と問うてきたのである。二〇〇八年のことである。

 チャーチは思考実験する。マンモスゲノムを解析し、重要な遺伝子部分を合成してゾウの胚に移植すれば、マ…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです