メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

斎藤環・評 『知性は死なない--平成の鬱をこえて』=與那覇潤・著

 (文藝春秋・1620円)

身体性に裏打ちされた言語が重要

 新進気鋭の歴史学者として“デビュー”した著者は、2011年に出版した『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋)も大きな話題を呼び、その活動の場を一気に拡(ひろ)げつつあった。評者も対談でお世話になったことがあるが、学者としての篤実な佇(たたず)まいからは想像できない思考のスケールに驚かされた記憶がある。

 しかしその後、気がつけばその名前を目にする機会がめっきり減っていた。本書を読んで驚いた。著者は14…

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2109文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです