メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

斎藤環・評 『知性は死なない--平成の鬱をこえて』=與那覇潤・著

 (文藝春秋・1620円)

身体性に裏打ちされた言語が重要

 新進気鋭の歴史学者として“デビュー”した著者は、2011年に出版した『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋)も大きな話題を呼び、その活動の場を一気に拡(ひろ)げつつあった。評者も対談でお世話になったことがあるが、学者としての篤実な佇(たたず)まいからは想像できない思考のスケールに驚かされた記憶がある。

 しかしその後、気がつけばその名前を目にする機会がめっきり減っていた。本書を読んで驚いた。著者は14…

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2109文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです