メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『医師が診た核の傷 現場から告発する原爆と原発』=広岩近広・著

 (藤原書店・2376円)

 タイトルが示すように、「核の傷」を診た医師たちの報告である。血液や甲状腺の専門医や臨床の内科医らが提示するカルテは、現場からの重い問いかけにほかならない。原爆編と原発編にわけて、広く、深く、鋭く、網羅されている。

 抑制された筆致に誘い込まれ読み進めると、思わず目を留めた箇所がある。福島で15歳のときに原発事故に遭遇し、20歳で甲状腺がんの手術を受けた男性患者…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです