メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊戦最終予選 坂井秀至八段-小池芳弘三段 第5局の7

坂井、決勝に進出

 万策尽きた小池三段、息をするのもつらそうな状態だったが「負けました」と声を絞り出した。これほど苦しげな投了は久しぶりに見た。20歳の小池三段にとって、これからの長い棋士人生の糧となる経験だったことだろう。

 「参考図、黒1とコウダテしたところで投了となりました。白aとコウを解消すれば大石は助かりますが、黒bと連打されます。既に地合いは大差。コウの勝ち負けに関わら…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです