メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、19号 日本選手1年目最多

ホワイトソックス戦に先発し、三回に3ランを放つエンゼルスの大谷=USAトゥデー・ロイター

 【シカゴ共同】米大リーグは7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシカゴでのホワイトソックス戦に5番・指名打者でフル出場し、1-1の三回に19号勝ち越し3ランを放ち、2006年の城島健司(マリナーズ)を超えてメジャー1年目の日本選手の最多本塁打記録をつくった。4打数1安打3打点、1得点2三振。

 ヤンキースの田中はマリナーズ戦に先発し8回を3安打無失点、10三振の無四球で11勝目を挙げた。ドジャースの前田はロッキーズ戦で4-2の九回途中から3分の2回を無安打無失点、1三振で試合を締め、2セーブ目を挙げた。ダイヤモンドバックスの平野はブレーブス戦で4-1の七回に登板し、1回を1安打無失点、2三振だった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1061文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 川口の男子中学生自殺未遂 手紙に、いじめ詳細や学校不信記す ぼくは生きてちゃだめなんだ/先生はぼくをみすてた /埼玉
  5. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです