メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本学生対校選手権 永田10秒34で初V 男子100

 陸上の日本学生対校選手権は第3日の8日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子100メートルは永田駿斗(慶大)が10秒34(向かい風1・4メートル)で初優勝した。今夏のジャカルタ・アジア大会男子400メートルリレー金の多田修平(関学大)は10秒36で3位。男子400メートルは2016年リオデジャネイロ五輪代表のウォルシュ・ジュリアン(東洋大)が45秒75の大会タイ記録で3連覇。女子やり投げは北口榛花(はるか)=日大=が60メートル48で2連覇。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです