メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本学生対校選手権 永田10秒34で初V 男子100

男子100メートルで初優勝し、ガッツポーズする永田

 陸上の日本学生対校選手権は第3日の8日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子100メートルは永田駿斗(慶大)が10秒34(向かい風1・4メートル)で初優勝した。今夏のジャカルタ・アジア大会男子400メートルリレー金の多田修平(関学大)は10秒36で3位。男子400メートルは2016年リオデジャネイロ五輪代表のウォルシュ・ジュリアン(東洋大)が45秒75の大会タイ記録で3連覇。女子やり投げは北口榛花(はるか)=日大=が60メートル48で2連覇。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです