メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模災害

在宅医療機器備えを

 大きな災害で停電が長時間続くと、在宅療養している患者が使う機械も止まりかねない。酸素濃縮器や人工呼吸器を使っている患者は、内部バッテリーの確認など普段からの備えが必要だ。

 参考になるのが、厚生労働省の研究班が作成した「大規模災害に対する備え」で、国立がん研究センターのサイト「がん情報サービス」でみられる。

 慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)などの患者が使う酸素濃縮器は、停電しても内部バッテリーがあ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです