メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 五島/下 済州島との交流

五島市の福江島沖に広がる東シナ海に沈む夕日。手前は大瀬崎灯台=五島市役所提供

 東京を中心にして日本地図を見ると、長崎・五島列島は日本の西の果てにあります。しかし、歴史的にみると五島は海外との「ゲートウエー」として経済、文化の面で時代の先端を担ってきました。

 五島から一番近い外国は、韓国の済州島です。その距離は約200キロで、五島-福岡間とほぼ同じです。五島と済州島は、かつて黒潮に乗った海民の交流があったとされます。双方にはツバキや溶岩海岸など似通った景観もあります。

 ただ現在、五島と済州島を直接結ぶ航路や航空路はなく、お互いが「近くて遠い島」になっています。そこで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです