メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

尿酸値、低過ぎにも注意 腎障害や結石、認知度低く

 高いと痛風が心配になる尿酸値。だが、実は尿酸値が低過ぎる病気もある。「腎性低尿酸血症」と呼ばれ、該当者は国内に40万人近くいると推定される。厚生労働省の研究班と日本痛風・核酸代謝学会がこのほど、初の診療指針を作成した。

 病気そのものは無症状だが、合併症として尿路結石を繰り返したり、運動の後に体調不良を起こしたりする人がいる。指針作成を主導した防衛医大の四ノ宮成祥教授は「医療関係者の間でも知られていない。まずは認知度を高めることが重要だ」と公開の狙いを話す。

 腎臓は血液から尿酸をこし取り、尿として排出する一方で、尿酸を再吸収する。再吸収が不十分なため尿酸を…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文678文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです