メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

素朴な疑問あれこれ 「大変ご迷惑を…」は謝罪?

松尾貴史さん作

 日常に湧いてくる素朴な疑問を、素朴に書き連ねてみる。

 電車の車掌が「列車が遅れまして、大変ご迷惑をおかけいたします」と車内アナウンスを放送したり、約束の時間に遅刻してきた人が「遅くなりました!」と言ったりするけれど、あれは謝っているように聞こえてはいても、実はそうではない気がする。彼らは「事実を言っている」だけで、「ごめんなさい」「お許しを」とは言っていないのではないか。現象を実況すればわびになるのだろうか。

 しかし、「失礼しました」はわびている気がする。「失礼」を「しました」で、これも事実を言っているだけ…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです