メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ行政区

就活、選挙…子ども主役 社会の仕組み学ぶ

昨年の「ミニ大宮」の様子=さいたま市大宮区のソニックシティで2017年12月9日、松下英志撮影

 体育館などの大空間を「まち」に見立て、子どもたちが自らまちの姿を考え、役所や銀行、店などを開き、運営する--。「ミニ大宮」「ミニ浦和」などと名付けられた、年に一度の「ミニ行政区」で、さいたま市各区の小学生らはハローワークで仕事を見つけ、働いた対価としてお金を得て、店で買い物をする。「区長選」の立ち会い演説会や投票も。ここでは子どもが主役であると共に、社会の仕組みそのものを学んでいる。【松下英志】

 9月8日、南区の武蔵浦和コミュニティーセンターで始まった「ミニ南区」。市報などを見て事前に申し込ん…

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです