メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

復興支援の「宇和島チャリT」が人気 愛媛

宇和島チャリTを着る道の駅「きさいや広場」の店員たち=愛媛県宇和島市の道の駅「きさいや広場」で、木島諒子撮影

 愛媛県宇和島市在住で、日本を代表する現代美術家の大竹伸朗(しんろう)さんが西日本豪雨の復興に役立ててもらおうと市に贈った復興支援Tシャツ「宇和島チャリT」が人気を呼んでいる。8月29日に道の駅で売り出し、4日間で835枚を完売。急いで追加発注し、10日ごろに再入荷する予定だ。【木島諒子】

 Tシャツは白地で、表に旧宇和島市庁舎と宇和島城、背中には「宇和島」の文字が力強く描かれている。大竹さんは自身のサイトに「7月の豪雨は、時間の経過とともに知る甚大な被害状況に愕然(がくぜん)としました。亡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです