メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
西日本豪雨

復興支援の「宇和島チャリT」が人気 愛媛

宇和島チャリTを着る道の駅「きさいや広場」の店員たち=愛媛県宇和島市の道の駅「きさいや広場」で、木島諒子撮影

 愛媛県宇和島市在住で、日本を代表する現代美術家の大竹伸朗(しんろう)さんが西日本豪雨の復興に役立ててもらおうと市に贈った復興支援Tシャツ「宇和島チャリT」が人気を呼んでいる。8月29日に道の駅で売り出し、4日間で835枚を完売。急いで追加発注し、10日ごろに再入荷する予定だ。【木島諒子】

 Tシャツは白地で、表に旧宇和島市庁舎と宇和島城、背中には「宇和島」の文字が力強く描かれている。大竹さんは自身のサイトに「7月の豪雨は、時間の経過とともに知る甚大な被害状況に愕然(がくぜん)としました。亡…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです