メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

セリーナ、暴言など3度の規則違反で罰金

主審に抗議するS・ウィリアムズ=2018年9月8日、AP

 【ニューヨーク浅妻博之】8日(日本時間9日)に当地で行われたテニスの全米オープン女子シングルス決勝で、セリーナ・ウィリアムズ(米国)が試合中のコーチからの指導や主審への暴言など3度の規則違反を宣告され、混乱を招いた。

 一つ目は第2セット第2ゲーム。コーチがスタンドから指導したとして、主審が警告した。第5ゲーム終了後にはラケットをたたきつけて2度目の規則違反で、1ポイントのペナルティー。3度目は、大坂が4-3とリードを奪った直後。主審に暴言を吐き、今度は…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです